おなかのなかみ

40代子育てエンジニアママ「おなか」の思考(なかみ)を、ありのままつぶやくブログ

2022年9月12日

このブログはあと10記事で100記事達成となる。目標としていた数だ。本当は毎日書いていれば先月には達成できていたのだが、徐々に書かない日が増えていってしまった。それでも100記事書けたのは凄いことだと自分を褒めてあげたい。何もしないで過ごすよりよっぽどいい。

onaka-no-nakama.hatenablog.jp

100記事書いたあとは、それらの記事のうち関心を持たれた内容について深く掘り下げて行こうと思っている。その記事を掲載するためのブログを別に用意する予定だ。自分の思考をそのまま書き出すよりも時間がかかる作業になるが、内容の濃い記事ができるだろう。このブログの更新頻度は下がると思うが、書きたくなったら書くというスタンスで継続するつもりだ。

先週ずっと悩まされていたフラッシュバックは昨日で終わったようだ。今日はスッキリと朝をスタートすることができた。

onaka-no-nakama.hatenablog.jp

フラッシュバックが始まったきっかけになったのは、子どもたちが小さかった頃の動画を保存したビデオテープをmp4に変換する作業をしたことだった。変換作業にはビデオテープを再生しながらおこなう必要があるため映像を見ていたのだ。映像の裏側にあったワンオペの苦労を思い出したり、時々映る夫の姿を見て「クソ野郎」と思った。
昨日は日曜日だったから、その作業にかなりの時間を使えたのだが、映像に映る夫はほとんどゲームをやっているか、テレビを観ているか、寝そべっていた。私にはそんなことができる余裕はまったくなかったのに。
ワンオペ育児10年目に初めて「せめて土日は家事や育児を手伝ってほしい」とお願いしたら「じゃあ俺はいつ休むんだよ」と言われたのだが、夫がビデオで堂々としている姿を見ると、当時からずっとそう思っていたのだろう。
私は子どもたちが成長して何かできることが増える度に日記に書き留めたりビデオを撮っていた。育児や家事に追われていても、その瞬間はその時しか残せないから欠かさなかった。夫から見れば、私のそうした行為もきっと「暇だからできる」と思われたのだろう。本当に悲しい。
夫が子どもの相手をしない姿を証拠としてビデオに残せたのは良かった。子どもたちが映像を観て違和感を感じてくれたら嬉しい。