おなかのなかみ

40代子育てエンジニアママ「おなか」の思考(なかみ)を、ありのままつぶやくブログ

2022年8月16日

昨日のブログに共感してくれた方がたくさんいて嬉しい。スターをありがとうございました。

onaka-no-nakama.hatenablog.jp

こういった家族、特に夫婦間のささいな出来事は共感してもらえることが多いことがうかがえた。私が体験してきたことは、決して珍しいことではないのだろう。ではなぜそのような状況になるのか。育ってきた環境や社会の影響だろうか。だとしたら、それらが変わっていかなければ、未来は変わらない。子どもたちもきっと同じ悩みを体験することになるのだ。連鎖を断ち切りたい。

人は自分とは無関係なことに関心を持たない傾向があると思う。それは私自身にもいえることだが、子どもの頃は特にそうだった。無関心。それは、私の人生に少なからず影響を与えた。自分にとって問題になったときに初めて考える人は多いと思う。でも考えるだけ良い方である。考えようとしない、現状を変えたくないと逃げてしまう人よりかは。
私の周りには、考えようとしない人が多い。だから余計に私が真面目な人間に映ってしまう。「気にしすぎだ」「考えすぎだ」「心配しすぎだ」と何度言われてきたことか。頭がおかしいと思われることもあった。そういう環境に身を置いて過ごすことは本当に辛くて苦しい。だから、最近は私も知恵を付けた。自分を傷付けないための策だ。考えることはしても、それを口外しないと決めている。心を開いてくれて「この人なら話しても大丈夫だ」と思う相手にしか本心を伝えないようにしたら、かなり楽になった。バカになるのは簡単だ。