おなかのなかみ

40代子育てエンジニアママ「おなか」の思考(なかみ)を、ありのままつぶやくブログ

2022年6月7日

今日はフリーランス案件を紹介してくれるエージェントと面談の予定が入っているから、開発の仕事もいつもより早く始める。今の仕事の契約が切れそうな今秋、報酬アップを目指して新しい仕事を探すことも並行してやっていく必要がある。今お付き合いいただいているクライアントさんがどんなに良い人でも、働きやすい環境でも、やり甲斐のある仕事でも、生活するために必要な報酬が得られなければ契約を終了しなければならない。でもきっといつか別の形で声がかかる可能性があるから、誠心誠意を持って対応している。
はじめて契約が決まったときと違うのは、子どもの教育費の関係で報酬を上げる必要が出てきたこと。少しずつでもいいから増やしていかなければならない状況なのだ。報酬を上げるためには、それなりのスキルを持ち合わせていなければ交渉はできない。仕事をしながら市場で求められているスキルを学ぶのが楽しいと思えるかで、この仕事が自分に向いているかどうかが分かる。私は楽しい。楽しいけど、将来ずっと続けたいかと言われると、違う。やっぱり少しずつ離れていきたい職業ではある。ずっと続けたいことは他にあるが、業種が違うし今すぐ報酬は得られない。だから、そちらへ少しずつ移行できるように、並行してやっていきたい。
その夢を叶えるための第一歩としてセカンドハウスを持つことにした。いつまでも環境のせいにして何もしないのは良くない。失敗してもいいから、自分がどれだけ本気なのかを試す意味でも、気兼ねなくひとりになれる場所を作るのだ。