おなかのなかみ

40代子育てエンジニアママ「おなか」の思考(なかみ)を、ありのままつぶやくブログ

2022年5月25日

今日は仕事が休み。毎月通っているアサーティブのサークルに出かける。この1ヶ月間であったことを話したり聞いたりすることで気付きをもらう、そんなサークルだ。これのお陰でメンタルがここまで保てているようなものだ。普段からもっと誰かと話をする機会を持ちたい。相手に気を遣う話題ではなく、自分が話したいことを話して、私の話をまずは受けとめてくれる相手と話がしたい。

最近、心身の調子がわりと良い気がしている。セカンドハウスの話が現実になろうとしていて、妄想している効果かもしれない。それと、過去記事に書いた石井亜美さんの自律神経を整えるマッサージが効いている感じがする。初めてマッサージしたときは胸骨まわりが特に痛かったけど、今はあまり痛くない。老廃物の詰まりが取れたのかもしれない。まだ鎖骨の上と胸鎖乳突筋が痛いから、ここが解消されれば喉のつまり感が取れそうな気がする。丸2年悩んでいる不調だから、治ったら泣くほど嬉しい。

onaka-no-nakama.hatenablog.jp

昨日は新しい仕事に挑戦した。ビデオ通話で就職相談などの話し相手になるメンタルヘルスメンターの仕事だ。人見知りでコミュ障の私にとってハードルの高い仕事なのだが、自分のこれまでの体験が誰かの役に立てばいいなという思いで始めた。昨日はその仕事の初日だった。
緊張したし、思っていたよりも難しかった。事前にわかっていた相談内容について答えるつもりだったが実際は少し異なる内容の相談で、臨機応変な対応が必要だったからだ。自分の体験談を話せば良かったのかもしれないけど、具体的なアドバイスを求められているような気持ちになったのと、人それぞれだと思う答えしか思い浮かばなかったから、悩む場面が多くなってしまった。ただ時間だけが過ぎていくのは申し訳ないという焦りから、相手が求めていない話をしてしまったり、何を話せばいいのか分からなくてしまった。
後半になってようやく、相手は私の体験談が聞ければ満足なのかもしれないということに気付いて、すらすらと話ができるようになった。相手が時々メモを取っている様子も見えて「こんな話で良かったのかなぁ」という不思議な気持ちになった。終わってからも罪悪感でいっぱいに。絶対満足してもらえなかったはずだ、と。せっかくお金を払って相談してくれたのに。
そのあとしばらくの間は「もっと、あーすれば良かった」とお得意の回想反省会。ただ「初めてだから仕方ない」「少しずつ慣れていけばいい」と自分の心に言い聞かせてなだめた。
昨日相談してくれた方、本当にありがとうございました。