おなかのなかみ

40代子育てエンジニアママ「おなか」の思考(なかみ)を、ありのままつぶやくブログ

育児

2022年9月22日

今日は、いくらか心が穏やかである。それは多分、昨夜のできごとのお陰だろう。家族で夕飯を食べているときに、娘が会話の中で「ママが一番稼いでたのはいつ?」と聞いてきた。私が「今だよ」と答えたら驚いていた。すると息子が「パパより稼いでるんだよね…

2022年9月21日

昨日も夫に読ませたい記事を見付けた。私もこんな風に夫婦で育児を楽しみたかった。 news.yahoo.co.jp お互いに相手を見極める力が足りなかったのだと思う。私は実家が機能不全家族だったため早く実家を出たくて結婚を焦っていたし、母から「結婚できないと…

2022年9月20日

昨日、夫が「ガイアの夜明け」の見逃し配信を観ていた。 www.tv-tokyo.co.jp 冒頭に出てきた6人の子どもを育てる家族の風景で、乳児をおぶって焼きそばを焼く母親の姿が映ると夫が「6人はホント尊敬するわ」と言った。私は呆れて言葉が出なかった。それを…

2022年9月15日

ここ最近、ブログに書く内容が暗い。夫婦ふたりの生活で、うまく夫の相手をするだけなら続けられるのだが、夫と息子もしくは夫と娘の会話を見ていると不安になってくる。夫が子どもたちのことを対等に扱わない。具体的には「お前」と呼んだり、「子ども」や…

2022年9月14日

夫に見せたい記事を昨日また見つけた。 news.yahoo.co.jp ドライブレコーダーに録画された事故のニュースとか見付けて私にいちいち共有してこなくていいから、こういう記事を読んで猛省して欲しい。私が勧めても素直に受け入れてもらえない記事だから教えな…

2022年9月13日

今朝、yahooニュースに取り上げられていた記事が共感の嵐だった。まさしく我が家がこの状況。夫に読ませてやりたい。 president.jp 昨日から離婚理由を書き出す作業を始めた。以前書いた情報に追加していく形だ。離婚を申し出たときに正当化されたり言い訳さ…

2022年9月12日

このブログはあと10記事で100記事達成となる。目標としていた数だ。本当は毎日書いていれば先月には達成できていたのだが、徐々に書かない日が増えていってしまった。それでも100記事書けたのは凄いことだと自分を褒めてあげたい。何もしないで過ごすよりよ…

2022年9月10日

今日は土曜日だが、子どもたちが外出していて朝から居ない。夫婦ふたりだけの時間を過ごす。非常に苦痛である。自宅でじっとしているより、二人でどこか出かけようと考えているが、また夫の話を聞いてあげるだけで終わるのだろう。私の話には関心を持たない…

2022年9月8日

昨日、フラッシュバックに悩まされていることについて書いたが、気持ちを落ち着かせたくてカウンセラーに相談をした。 onaka-no-nakama.hatenablog.jp これまでにも何度かフラッシュバックに悩まされたことがある。そのたびに腹立たしい気持ちになっていたの…

2022年9月7日

今週はずっとフラッシュバックに悩まされている。きっかけは恐らく、子どもたちがまだ小さかった頃の動画を観たことだ。懐かしさの裏側に、ワンオペ育児で辛かった記憶も蘇る。何のフラッシュバックかというと、夫が仕事の帰りや休日などに独身気分が抜けな…

2022年8月15日

一昨日おこった事象(私に対する家族の人使いが荒い件)について結果を報告する。 onaka-no-nakama.hatenablog.jp まず息子にはゲームを終えたタイミングで「自分で乾かしてね」と伝えたら素直に自分でやってくれた。「えー」と言ったりすることもなかったの…

2022年8月13日

うちの家族は人使いが荒い。いったい私を何だと思っているのだ。息子は大雨の中、自分の都合で、不要不急の用事で外出し、びしょ濡れで帰ってきた。濡れた靴はそのまま放置。靴乾燥機があることも、使い方も知っているのに、全くやろうとしない。そのままゲ…

2022年8月3日

昨日の夕方、準委任契約業務の仲介をしてくれているエージェントから連絡があって、先日面談した次回契約更新時の報酬額に関して、クライアントとの相談結果を報告してくれた。その結果は、面談前後のやりとりからは想像できないものだった。 onaka-no-nakam…

2022年8月2日

昨日の夕方には腰痛が落ち着いてきて、低い姿勢から身体を起こす時に「フッ!」と力を入れなくても大丈夫になっていた。しかし念には念を入れて、腰ベルトや湿布は継続した。腰痛の影響か、肩こりも酷くなっているような気がする。いつも腰痛の完治におよそ…

2022年7月29日

やりたいことがたくさんある。学びたいこともたくさんある。時間が足りない。だから、できるだけ仕事をする時間を減らしていきたい。しかし、生活に必要な分は稼がなければならない。更に今は子どもたちの教育費が一番かかるときだ。あまり自分のためだけに…